AGA外来 ツール 育毛

AGAになりつつ私・・・

最近の薄毛は、そこには様々な要因があるようですが、結局まとめると「AGA」に行き着きます。

こんなチェックシートもあります。参考程度です。

【AGA】って??

男性型脱毛症(androgenetic alopecia; AGA)

 男性ホルモンと遺伝が関連した脱毛症のことを指します。

最近では「MPHL(male pattern hair loss)」と呼ばれるようになってきています。
 AGAにおける脱毛症では髪の毛の抜け方にパターンがあり、特に頭頂部と前頭部における脱毛症状がみられます。

AGAでは髪の毛が伸びる成長段階の時間が短くなっており、正常よりも早い時間軸のなかで髪の毛が抜けます。

 発症するとまず髪のハリやコシが失われ、うぶ毛のような頼りない毛に変わっていきます。

その後にじわじわと脱毛していくので、進行の過程で気づく方も少なくありません。

【原因】

 毛髪にはヘアサイクルという周期があります。

通常の毛髪は、(1)成長期、(2)退行期(移行期)、(3)休止期の3期を繰り返しており、このうち毛髪が大きく成長する成長期は2年から6年ほどあります 。

 AGAでは、髪の毛が伸長するべき成長期の期間が正常よりも短くなってしまい、しっかりと髪の毛が伸びる前に伸張反応を止めてしまいます。

その後、退行期、休止期へとうつることから、髪の毛が抜け落ちてしまうことでAGAを発症します。

 AGAの発症には、男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)が関与しています。
 ジヒドロテストステロンの働きが強い状態では、毛髪の伸張反応が抑制されてしまい、結果として脱毛症の発症につながります。

ジヒドロテストステロンは、男性ホルモン受容体と呼ばれる部位にはたらきかけることがわかっており、男性ホルモン受容体は、頭頂部や前頭部の毛髪に多く存在していることから、AGAによる脱毛症状は同部位に起こりやすいです。

【治療】

 AGAの治療は各種外用薬や内服薬の使用を基本とし、自家植毛や医薬部外品などの使用も検討されることがあります。

AGA治療薬(飲み薬)ザガーロ

一定の効果を示すことが知られている、こうした治療方法を適切に組み合わせながら、治療が行われます。

 ただし、治療効果については一定ではないこともあります。

また、使用をやめることで再度脱毛症状が進行する可能性もあります。

そのため、若い時期や気になりはじめた時期から治療介入を開始し、治療を継続することが大切になります。

モン太郎
モン太郎

とまぁありますが、男性ホルモンの働きによるもののや、後天的なものの関係が強いということです。
女性ホルモンを注射されているかたは、髪の毛が濃くなり女性らしい体つきになりますもんね。
といっても一般の方が女性ホルモンを打つってなかなか・・・

ということは・・・僕は筋トレもしてるんですが、これは血流改善を視野にいれています。

しかし、筋肉を増加させ、男らしい肉体を目指すということは、男性ホルモンの分泌がいなめません。


そのために、ボディビルダーの方は、たまごを食べると聞きます。(たまごは、高タンパク質+男性ホルモンの分泌を促すことができるそうです。)
筋トレと薄毛には関係性があるんでしょうか・・・・これは、私にもはっきりした答えはでません。

僕は男ですから、男性ホルモンと付き合っていきます。
ホルモンは消せないんで、後天的なもの

・頭皮の皮脂

・ふけ

・頭皮への栄養補給

・血流改善(マッサージ)

・清潔な頭皮環境の維持

には、常に気をつけていこうと思います。

こんなアイテムを使用してます。

週2くらいでお風呂で使用しています。

たしかに頭皮があたたまり、毛穴が開いてる感じです。


育毛サロン「リーブ21」「バイオテック」「アデランス」でもスチームを使用し、頭皮の毛穴を広げる作業があります。

やり方は違いますが、目指すゴールは同じですね。

被って毛穴を広げたあと、シャンプーします

もんたろうブログ~頑張れ!20代からの薄毛対策~

コメント

タイトルとURLをコピーしました